2009 年 11 月 12 日

変わったトウガラシ?が手に入りました

カテゴリー: お知らせ — tukineko @ 4:47 PM

その名もピートンといってピーマンにトウガラシを接ぎ穂して作り上げた品種だそうです。ピートンと八房
なお、接ぎ穂に使ったトウガラシは八房とうい品種とういことで、写真の大きな実がピートンで、前の束になっている小さな実がその八房です。グリルで焼いてから皮をむいてマリネしました。
もう一つは高知県でわずかに作られている「銀不老/ギンブロウ」というインゲンです。生のときは莢が紫がかった茶色ですが(写真:G1)、茹でると鮮やかな緑色(写真:G2)になります。しっかりした味で甘みもあります。
銀不老01銀不老02

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Official BLOG of Hagi ni Tukineko